便利ではあるが格安航空券を利用する際に注意したいことも勿論ある

国内旅行や海外旅行で航空機を利用するときに、出来る限り安く利用したい方に大変ありがたい格安航空券ですが、格安な航空券を利用するためには注意したいことがあります。

■なぜ安いのかを知っておく
航空券の値段が安いのには必ず理由があります。その理由を良く理解した上で利用しましょう。理解せずに購入してしまうと後々に思わぬトラブルが起きたりしますので大切なことです。格安航空券には、旅行会社がさばききれなかったツアー用に確保した航空券を安くばら売りして販売することがあります。

そういった場合、有効期限があったり、時間が深夜であったり不便な場合があったり、期日の変更ができない、事前に座席指定ができない、などの制約がある場合が多いです。通常の値段で購入したものと違って、キャンセルなどの料金も高くなることもあります。

■デメリットを考慮して納得してから購入する
格安航空券は必ずデメリットとなる制約を理解してから購入するようにしましょう。大手旅行会社の格安航空券の場合は、航空会社の都合に合わせられる方でしたら問題なく利用でき、安いという最大のメリットを活用できます。LCC(格安航空会社)を利用する場合は、自分で選択した条件で航空機を利用できますが、カウンターが空港の端にあったり、機内サービスなどが制限されている等のデメリットがあります。

■格安航空券には大きなメリットがある
格安航空券は、移動運賃を大幅に抑えることを実現させてくれるため、浮いたお金で旅先のホテルをアップグレードしたり、お土産にお金をかけることができるなど大きなメリットがあります。家族など大人数での旅行する方には、特に大きなメリットになります。

格安航空券のメリットを上手に活用して、旅を楽しんでみましょう。

◆これからは格安航空券が主流に
格安航空券の代名詞といえば、LCC(格安航空会社)のチケットですね。最近では日本でも利用する人が増えてきましたが、まだまだ新設企業の格安航空券という認識が強いようです。でも実はかなり歴史があるんです。

■日本では1996年から
旅行会社のエイチ・アイ・エスによる出資で誕生したスカイマークが日本でのパイオニアです。そして、現在は日本法人も設立されていますが、海外のLCCとしては2007年のジェットスターによる定期便の乗り入れや2010年に春秋航空が、上海~茨城空港の就航を開始したことで一躍注目を浴びることとなりました。

■LCCの原型は1977年
「スカイトレイン」の名称でニューヨークとロンドン間を運行したイギリスのレイカー航空がLCCの原型だと言われています。それまでの新規航空会社は定期便への参入は出来ず、チャーター便しか運行が認可されない状態でした。規制緩和により、多くのLCCが誕生したものの、財政的な理由などで大多数の航空会社が消えていきました。

便利ではあるが格安航空券を利用する際に注意したいことも勿論ある

レイカー航空も第2次オイルショックなどのあおりを受け、1982年に倒産し1980年代は再び基礎体力のある大手航空会社の時代となります。

■不況の中、シェアを拡大
そんな中、1990年代に入ると頭角を現してきたサウスウエスト航空は、1967年に誕生した航空会社です。現在のLCCのビジネスモデルである、「エコノミー単一クラス制」や「チケット直販体制」、「座席自由席制」を採用します。2000年代に入るとITバブルの崩壊による世界的な不況や原油価格の高騰などで大手の航空会社の破綻が続きましたが、格安運賃を武器に、LCCは
マーケットシェアを拡大していきました。

■日本はまだまだ拡大市場
現在では関西空港をはじめ、地方空港、そして羽田や成田空港もLCCの誘致に積極的で、日本路線参入はどんどん増えています。またピーチやバニラエアなど日本でもLCCが続々と設立されており運賃の安さだけでなく、サービス競争も激化しています。

しっかり比較しながら、賢く利用したいですね。

これからも上手に格安航空券を利用するために歴史等の知識を少々

得をするかどうかは解かりませんが、絶対に知っておいて損は無いと言えるような格安航空券の情報な利用方法などの情報をこのサイトで確認してみましょう!


Copyright© 2016年3月18日 これからも上手に格安航空券を利用するために歴史等の知識を少々
http://www.soeq.org All Rights Reserved.